見た目以上に深刻!知っておくべきO脚の問題と正しい歩行

O脚は、見た目の印象だけではなく、実は様々なトラブルに繋がります!当然、歩行にも悪影響が・・・。O脚が引き起こす問題と「正しい歩行」の定義を解説します!

【O脚・歩行】O脚が体に及ぼす影響と、歩行の話

こんにちは(*´∇`*)
整体師のaiのです。

本日のブログは、スラッと美脚シリーズ!!
O脚についてです。
やはりこのお悩みは多いのですが、自分がO脚であると気がついていない・・・。
O脚だとナンなのよ・・・というお言葉もチラホラ(^-^;)
O脚は見た目だけの問題ではなく、
●脚の筋力バランスが崩れて太くなる(太もも前面やふくらはぎが極端に発達する)
●膝の痛み(関節の捻れによる負担がかかり続ける)
●むくみ・冷え(関節が捻れる事で常に筋肉が緊張状態になり血流が悪くなる)
●下肢静脈瘤(関節が捻れる事で血管にも負担がかかる)
●膝関節症(関節が捻れた状態で使い続けた結果、関節の軟骨が削れる)

などの問題に繋がってしまいます。
脅かしてしまいましたが、これらの症状は長期間関節を歪んだ状態で使ってきた結果なのです。
生活習慣の見直しや歩き方の改善がとっても大事!施術を受けるだけでは治りませんよ!

では、本日はチョッピリ歩き方についてお話しますねo(*^▽^*)o~♪
歩く時は、踵から着地して足の裏~爪先の順番で接地します。
踵からドン!とつくと膝などの関節に衝撃がきます。
ローラースタンプを押していくように、ふんわり転がすように足裏を使います。
膝は地面に足が付いている時は、前脚も後ろ脚もほとんど曲がりません。
前脚で踏み込むように歩いてはいけません。
後ろ脚をしっかりと伸ばして、後ろ脚で押すように歩いていきます。
股関節ではなく仙腸関節(お尻の割れ目の上あたりに有る「仙骨」の左右のキワ)が脚の付け根です!

仙腸関節写真

仙腸関節写真

上の写真、当店の看板模型(笑)のビッグボブ君の骨盤周辺です。
左側、四角い枠で囲ってある部分が仙腸関節です(彼は訳あって右側の仙腸関節が外れてしまっていますが・・・(^^;))。

お尻の真ん中から腰に近い部分まで、後ろ脚が地面を押すたびに自然ときゅっと締まれば仙腸関節から動かせています(もし全くお尻に力が入らない場合は、仙腸関節が癒着して動けなくなっている可能性もあります)。
正しい歩行が出来ていれば、筋トレなんかしなくてもお尻はいつでもプリプリです♪
そして普段何気なく歩いている時のご自分の足指を意識してみてください。
後ろの足が地面を離れる瞬間、指がしっかり地面をとらえてますか?
足指がしっかり使えると、連動してお尻の筋肉にもしっかりと力が入るのです!
歩行については1度ではとても伝えきれないので、今後も折を見てお伝えしていきますね!

そして歩く時に大切なのは「靴」。
足に合わない靴では正しい歩行は出来ません!
足指が中でしっかりと動かせて、尚且つ踵がズレない安定感のある靴を履いていますか?
当店では一番初めのレッスンで「正しい靴の選び方・足にフィットさせる靴紐の結び方」をお伝えしています♪

O脚を治す為には歩き方だけではなく、姿勢や筋力バランスの改善などやることがてんこ盛りですが・・・焦らずに、出来る事から始めていきましょう♪
靴の履き方を変えるだけで、軽度のO脚なら改善されるかもしれません!
おっと 宣伝部長が見えます♪~( ̄。 ̄ )

本日のブログはO脚の気持ちが分かる、ワタクシ整体師のaiでした♪